さあ 歩き出そう
僕等の文化を創るために。

放送文化について

About

放送文化部門は、現代に生きる高校生の豊かな人間性の育成と、未来への展望をもつ人間としての成長をめざし、校内放送活動をメディアリテラシーの実践として位置づけ、情報発信としての放送活動の発展をはかることを目的に活動しています。大会としては、全国高総文祭のほか、NHK杯全国高校放送コンテストが毎年7月に東京で開催され、各都道府県から推薦された生徒たちが競い合っています。また、校内放送活動や各種学校行事などの場で日頃の練習の成果を発揮しています。

 

(放送文化部門のねらいとして)

NHK杯では、

(1)美しく豊かな日本語を大切にする心情を育て、あわせて話す力、表現する力を高める。

(2)情報発信者としての自覚を高め、あわせて創造性を育てる。

(3)社会との関わりに目を向け、放送の果たす役割を学ぶ。

(4)人間尊重の心を培い、国際理解を深める放送の働きを確かめる。

(5)学園生活の中にうるおいを育て、心のふれあいの場をつくる。

 

全国高総文祭では、

(1)全国の高校生が、作品の制作や発表を通して全国の仲間と交流を深める。

(2)作品や原稿の作成を通して、自らの郷土を新たな視点でもう一度見つめ直す。

(3)美しい日本語を、アナウンス・朗読・ナレーションで表現することにより、言葉による表現のすばらしさを再認識する。という目標を掲げています。

 

●お問い合わせ

 福岡県立鞍手高等学校

 直方市山部810-7

 TEL/0949-22-0369,FAX/0949-22-0370

 担当/中山

各種行事日程

Event Schedule

●大会 □助成育成事業

●令和2年度放送文化部門福岡県大会(放送コンテスト)

10月17日(土) 黒崎ひびしんホール

●各地区放送コンテスト

<北九州>9月19日(土) 八幡高校(生徒は集めず録音審査)

<福 岡>9月20日(日)、21日(月・祝) 修猷館高校(生徒は集めず録音審査)

<筑 後>9月26日(土) 久留米高校(生徒は集めず録音審査)

<筑 豊>9月26日(土) 東鷹高校(9月11日に最終判断)

□筑豊地区読みの研修会

令和3年1月30日(土) 鞍手高校

PAGE TOP