さあ 歩き出そう
僕等の文化を創るために。

将棋について

About

 将棋の起源は、古代インドのチャトランガという説が最有力です。日本では、約1000年前(平安時代)の将棋の駒が見つかっております。当時は、盤の大きさや駒数が今のルールとは異なっていました。約400年前に現在の将棋と同じルールで、初代名人(当時は終生名人制)が成立しました。名人戦が始まったのは、約100年前です。
 現在、全国高文連で行っている大会は、
○全国高等学校将棋選手権大会(全国高等学校総合文化祭将棋部門)
○全国高等学校文化連盟将棋新人大会
の2つです。
 将棋選手権は、昭和40年(1965年)から始まり、福岡県は昭和43年(1968年)に男子団体戦・男子個人戦で優勝しました。将棋新人大会は平成4年(1992年)から行っています。
 福岡県では、例年、4月と10月に全国大会の予選を兼ねた県大会、7月に段級位戦を行っています。

 

●お問い合わせ

 福岡県立ひびき高等学校

 北九州市戸畑区天籟寺1-2-1

 TEL/093-881-2355,FAX/093-881-5172

 担当/砂田

各種行事日程

Event Schedule

●大会 □助成育成事業

 

●第45回全国高等学校総合文化祭将棋専門部福岡県予選大会

 令和3年4月25日(日) 東筑高校

 

●令和3年度福岡県高文連将棋新人大会

 令和3年10月24(日) 福岡大学セミナーハウス

             →東筑高校に変更します。

□段・級位認定戦

 令和3年7月11日(日) 東筑高校

 

 

各種報告関連

Report

●第45回全国高等学校総合文化祭(紀の国わかやま総文2021)将棋専門部大会

 期日:令和3年7月31日(土)~8月1日(日) 

 会場:那智勝浦町体育文化会館

 審査の結果は次の通り

 女子団体戦 上智福岡高校 は、全国三位入賞

 男子個人戦 東福岡高校 は、全国ベスト16

 他は、いずれも予選2勝2敗で決勝トーナメント進出ならずでした。

□段・級位認定戦 令和3年7月11日(日) 東筑高等学校

出場校数:21校、参加人数:69人(男子:65人,女子:4人)

審査の結果、認定された段・級位は次の通り

弐段・・・2名、初段・・・7名
1級・・・5名、2級・・・6名、3級・・・6名
4級・・・5名、5級・・・5名、6級・・・3名
7級・・・4名、8級・・・3名、9級・・・2名

さらに、プロ棋士の長沼洋八段をお招きして、指導対局をしていただきました。

 

●第45回全国高等学校総合文化祭将棋専門部福岡県予選大会 令和3年4月25日(日) 東筑高等学校

 

出場校数:25校、参加人数:70人(男子個人戦:33人,女子個人戦:4人,男子団体戦:27人,女子団体戦:6人)

審査の結果、第45回全国高等学校総合文化祭(和歌山大会)への出場推薦を受けた学校は次の通りです。

 

男子個人戦 東福岡高校、東筑紫学園高校
女子個人戦 小倉西高校、博多青松高校
男子団体戦 青豊高校
女子団体戦 上智福岡高校

 

●令和2年度将棋部門福岡県大会(新人大会)令和2年10月18日(日) 東筑高等学校

 

出場校数:24校、参加人数:46人(男子個人戦:36人,女子個人戦:10人)

審査の結果、第29回全国高文連将棋新人大会(兵庫大会)への出場推薦を受けた学校は次の通りです。

 

男子個人戦 東筑紫学園高校、東福岡高校
女子個人戦 小倉西高校、博多青松高校、上智福岡高校

PAGE TOP